上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、友達とお茶しに行きました。
店は彼女に任せていたのですが、その方向から私は
おのまちあるふぁ  って店行ってみたいなと思っていたら、
気が合いました!

で、3時過ぎころその店に到着。
入ったときは2組くらいしかいなかったのですが、
私たちが入って半時間後には、満席になりました。
女性ばっかりです。

ヘルシーなオムライスを食べ、
素敵な器(うつわ)に心癒され、
早めの食事とコーヒーとおしゃべりを楽しんだ後、
レトロなビル内を勝手に散策。

flower

ゆっくりいい時間を過ごしました。


…帰るときに気がつきました。

入口で呼んでくれてたんですね(^-^)

cat





スポンサーサイト

和歌山の里山では、緑とピンクがなかよく並んでいます。
僕の好きな景色です。

朝、少し早めに家を出ました。
ここで、写真を撮ろうと決めたからです。

春霞の中に見た里山が、
今日はなんとなくクリアに見えた感じがしました。

できあがった写真を見ると、イメージ通りがそこにある。
そんな気にさせられたのは、この場所がやさしいから。
20130326_1.jpg



早起きは3文の徳
優しい気持ちにありがとう。



マサ

2013.3.9 晴天

写真教室の仲間と一緒に、熊野古道(中辺路)を歩きました。
前の続きで、今回は約8キロです。

写真はシリーズでまとめてみました。

『古道で歩く人を見守る』

      高原熊野神社の庚申さん
       ▲ 高原熊野神社の庚申さん
       足で「悪いムシ」を踏んづけて出てこないようにしています。

      その次の庚申さん
       ▲ その次の庚申さん
       足下には「見ザル 言わザル 聞かザル」

      小判地蔵
       ▲ 小判地蔵 (↑ ↓ クリックで大)
       舌をだしているみたいですが、小判をくわえています。
小判地蔵案内板


『THE 熊野古道』

      20130309 古道 1
       ▲ 木漏れ日が優しい

      20130309 古道 2
       ▲ まだまだ続くょ

      20130309 古道 3
       ▲ 三体月の伝説 以前観月会をしていた展望台近くの道 (↓ クリックで大)
三体月案内板


『古道で命を感じる』

before after
 ▲ リスさんが食べると「まつぼっくり」→「えびフライ」に!!!

いのししが掘ったあと
 ▲ いのししの食事跡? ミミズ、もぐらを探して

      苔がいきいき
       ▲ 苔もいきいきしています。だいぶ下った川の近くです。

大きな木のあと
 ▲ 大きな木だったんでしょうね。。。



『番外編 オフショット』

集合写真を撮る人   花粉症発症の人
▲ 集合写真を撮る人              ▲ 花粉症に苦しんだお方



今回もホントにいい天気でした。
距離は長めでしたが、みんなで楽しく歩いて予定通り完歩!
(時間はともかくとして)
頑張って歩いたあとの昼の古道弁当と夕ご飯のうなぎ丼は最高でした(笑)


ところで、
帰ってきて2日後に、私も鼻水とまらなくなりました。
PCメガネをかけ、マスクをした怪しい姿で二人、
パソコンの前でくしゃみをしながら仕事をした1週間でした。



ヤコ





熊野古道に行ってきました。
小判地蔵
▲小判地蔵
語り部さんにダルにつかれる話をききました。
生き倒れになったお遍路さんが、身に着けていた小判を使って、
地元の人が葬ったとの話が印象的。


ゆっくり写真を撮りながら、
語り部さんの話をききながら、
春の草花に出会いながら、
春の空気に鼻をむずむずさせながら、
ポカポカ陽気の中、
テクテク歩きました。

みなさまお疲れ様でした。

マサ
また歩きましょう。
3月3日(日)
岩出市のふれあいまつりに今年も参加しました。

当日、手話通訳の担当が午前も午後もあって、
他のイベントや屋台とか、何やってたのか今年は特にわかりませんでした。

マサさん午前中、観に来てくれたので、そのときの写真を拝借しました。

   20130303ふれあいまつり 1
   ▲ はしご車来てたんや 高いね~!

   20130303ふれあいまつり 2
   ▲ 花がいっぱい 行列は「先着 花の苗 無料配布」かな?


 20130303紙芝居  20130303紙芝居通訳
 ▲ 2番目の「仁王さんの話」が私の担当でした。

少しだけご披露します。 (^^ゞ

   20130303紙芝居通訳 1
   ▲ 「唐の国」を表しています。

   20130303紙芝居通訳 2
   ▲ 母のセリフ「あ、戻ってきましたよ」

   20130303紙芝居通訳 3
   ▲ 子どものセリフ「わーい 力持ちの仁王さんだ!さわろっと」のところ。
    「立派な」「素敵な」という手話表現です。…手が動いてて見えないケド。

5人一役くらいしました。
怒ったり、怖がったり、喜んだり…すごい表情つくってやりましたが、
写真にはそのすごい顔があまり残っていませんでした。(ホッ)

今年もいい経験させていただきました。


昼からは発表会のナレーション1件と
コーラスグループの歌 「ビリーブ」「天使の羽のマーチ」を舞台で通訳しました。
(歌ってる方たちの横で踊ってるみたいな感じ?です。)

緊張してときどき間違えてしまいました。

自分たちの発表のときは、私は大役を終えた安心感からか、
後列で前の方の動きを見ながらついていくという感じでした(苦笑)
もう、練習と緊張でクタクタでした。

「当日よりは、それまでの過程のところが大事でそれが目的」
と反省会のとき、代表の方が言いました。
そうですね。みんなで一緒に考えて、練習して、しんどかったけど
一段と仲良くなれて良かったと思います。

今回は担当した教室(コーラスグループ)の練習も見学させていただいて、
またそこで出会い、再会があったりと濃い時間を過ごすことができました。

地域のつながりが薄くなりがちですが、
年に1回、いい機会を持たせていただいています。





 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。