上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歩かない熊野古道 での撮影

歩かない熊野古道のバスの席は
カメラクラブの先輩さんの横にラッキーにも座れたので、
いろいろカメラのことを教えてもらいました。

これはメモです。
・AV 絞り優先 F5.6 から F11 とる風景によってしぼりの変更 深く(大きく) 浅く(狭く) 
・P プログラム で撮って シャッタースピードを確認。
・TVシャッタースピード優先 
・ISO感度 100 400 1600 について
・M の BULB の存在  M で撮る時の難しさ
・シャッタースピード30秒での撮影について。三脚について
・AEB設定-1 0 +1 など
バスの中で試し撮りをしながら教えてもらいました。
IMG_5327.jpg

IMG_5365-001.jpg


その後中辺路で撮った写真の検索もしてもらってありがたかったです。
ありがとうございます。


無理せず楽しくすこしづつカメラに触れたいと思います。
カメラに触れることですこしづつカメラにこうしてと言えるように、
少しづつ少しづつです。無理せずゆっくりゆっくりです。




下記(カメラで絞りとシャッタースピードと露出のページより抜粋)
■F値(F1を基準に1段ごとに光量が1/2に)
1,1.4,2,2.8,4,5.6,8,11,16,22
■シャッター速度(1秒を基準に1段ごとに光量が1/2に)
1,1/2,1/4,1/8,1/15,1/30(中略)1/250,1/500,1/1000
■フィルム感度(ISO100を基準に1段ごとに感度が2倍に)
ISO100,200,400,800,1600





マサ
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。