上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歩かない熊野古道  牛馬童子で出会った人

いよいよ熊野古道のアイドル 牛馬童子に到着です。
本当にアイドルみたいにたくさんのカメラにシャッターを切られていました。

その後ろのお地蔵さんや、そのまた後ろの宝篋印塔に、
カメラを向けた人もいらっしゃいました。

IMG_5457.jpg


牛馬童子像の前で外国人のイケメンと出会いました。
熊野古道中辺路や高野山ではたくさんの外国人さんに出会います。
和歌山に「ようこそ」が、伝えたくて、単語のみの中学生英語で会話しました。


"from(フローム)"
「訳」どこからですか?


イケメン外国人
"Switzerland(スイスランド)"



僕は何と言っているかわからず「どきまぎ」していたら、
隣の人が「スイス」って言っていると思うよと言ってくれたのでわかりました。
※隣でサポートしてくれてありがとうございます。


"Red and white (レッド&ホワイト)"
と行って指で十字架を作って、スイスの国旗を表現して理解したことを伝える。


そのあと僕は歓迎の意をこめて、


"Welcome!(ウエルカム)"


そしてここ(熊野古道)のことを単語で表現したくて、


"Peaceful(ピースフル)"
「訳」平和な.穏やかな.温和な.おとなしい. ...



するとスイス人の彼は、

イケメン外国人
"popular(ポピュラー)" "famous(フェイマス)"


最初聞き取りにくく何を言っているのか分からず数秒後に理解して、
牛馬童子のことを言っているのだとわかり。


"idol(アイドル)"
 と言ったら通じなかったので

牛馬童子を指差して、


"popular(ポピュラー)" "famous(フェイマス)" 
と彼の言葉を繰り返して

カメラでシャッターを切るジェスチャーをして終わり。

スイス人の彼はうなずいてくれました。

スイス人の彼もキャノンのカメラをもってそのあと牛馬童子を撮影していました。

1分ほどの単語とジェスチャーだけの会話だけどいい出会いでした。

IMG_5479.jpg

IMG_5472-1.jpg




マサ

スポンサーサイト

コメント:

何年か前に、牛馬童子を見てきました。
ちっちゃくて、びっくり!!でした。

懐かしく思い出しました。

スイス人との楽しい会話、
目に浮かびます。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。