上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嬉しいことに、やりたいことがいっぱいある私です。

6月から通っていた、手話通訳者養成講座ですが、2月5日の進級試験をもって
とりあえず終わりました。

試験は…

まったくもって、ぜんぜんっ、できませんでした 


試験は3問

1 手話の読みとり … 手話表現のDVDを見て、文章にする。(筆記試験)
2 手話表現    … テープを聞きながら、手話で表す。(ビデオ撮影されます)
3 2と同じ


検定試験はコミュニケーション能力をみるのですが、
通訳は、めちゃくちゃ難しい。


とても進級できる状態でないのはわかっていました。
友達は受験することをボイコットしましたが、
私は、1年やってきたのにもったいないし、
来年のために と思ってチャレンジしました。 が、撃沈しました。


講座の中で、ロールプレイ(役割練習)っていう授業がありました。
健聴者(聴こえる人)、ろう者(聴こえない人)、通訳者 の3人で
それぞれの立場をやって(演じて)みて、気持ちを理解する というのを
何回かやりました。

私が通訳者の役を担当すると、きまって悪い方向に進んでしまいます。
例えば、「喧嘩の仲裁」。仲直りどころか、二人の顔がどんどん曇る  アララ-

授業の最終日には、自信がないのに当てられてしまい、
30人近くの前で、全然できなくて、情けなかったです。
テーマは「医療現場での通訳」でした。

そぅ、確かそのときも撃沈した(笑)

先生に、「急に当ててごめんネ」と後で言われるし。
まぁ、度胸をかってくれたのか、気をつかってくれたのか。
勉強になったし、いい経験させてもらって、とても良かったことなのだが、
家に帰ってからも、ぶつぶつ言ってました(笑)

そもそも私は、ただでさえ、人の話をちゃんと聞いていないこともよくあるし、
聞いた話もうまく伝えられず、マサに嫌な顔されることもあります(苦笑)

向いてない。。。と落ち込むのですが、

でも、楽しいんです♪ なんでかな 



試験を受けてよかったことがいくつかありました。

1 どちらかというと、本番に強い方だということがわかった。

2 「うまくできる」より、「ちゃんと伝える」ことの方が大切 という
 根本的なことを、自分の能力ばかり気にして、地に足がついていなかったことが
 試験後の先生との雑談で気が付いた。身にしみた。

3 もうちょっと普段勉強しよう という気になった。

4 来年の受験の参考になった。聞いただけではわからなかったから。

5 とにかく、ひとつ終わったので、その後の誕生日祝いが格段とうれしかった。
 (いやいや、試験がなくても嬉しかったです)





スポンサーサイト

コメント:

手話習ってるって、えらいですね。
私は昔、仕事の関係ですこしの間
習いましたが全然ものになりませんでした。
楽しいと思えるのなら、きっと
上達しますね。
仕事でシブシブとは大違いです。
気長く頑張ってください。

Re: テラちゃんへ

ありがとう (^^ゞ

人と比べず、ぼちぼち気長に
やっていきたいと思います (^^)/

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。